ナイトワークで働く女性の育児問題

ナイトワーク業界にも子供を預けられる環境を!

こんにちは、コンサルタントの桜井です。キャストの待合室に「ベビーシッターさんを呼びたい!!」と、ご相談を受けました。ナイトワークで働く女性の中には子供がいる方も多く、何らかの事情でシングルマザーとなっている方もいらっしゃいます。

お子さんをお持ちの方は非常に頑張り屋さんが多く、お店としてもかなり助かる存在ですが、時には急な出勤キャンセルに見舞われることもあります。

出勤キャンセル理由に多いのが、

  • 子供の体調が悪くなった
  • 預かってくれるベビーシッターさんが見つからない
  • 子供が寂しがるから今日は一緒にいてあげたい

もちろん出勤女性が多いほど、ご利用されるお客様の数、ニーズに対応できます。

またHPに出勤を告知しているのに、当日欠勤するとお店の信用問題にもなりかねません。店舗としては女性の当日欠勤は避けたいものです。

子供を預ける環境があれば、当日欠勤も減り、女性も安心して仕事ができる事は確かなので、ベビーシッターさんの派遣を考えてみました。

ベビーシッターの料金相場

実際にベビーシッター派遣の料金相場を調べてみると、

  • ¥2000円/h~¥4000円/h
  • 病気の子供の場合別途500円前後必要
  • 深夜料金は通常料金の1.5倍から2倍
  • 別途タクシー代(利用開始時間と終了時間に公共交通機関が動いてない時間)

さらに預けるまでにもいろんなハードルがあります。

そもそも稼ぐために働いてるのに、1時間2000円以上も支払うのは本末転倒のような気がしてなりません。

ベビーシッターさんの立場になれば、大切な命を預かってるわけですし、何かあった場合の責任問題にも発展するので慎重になるのはわかります。

お店側としてはキャストさんに安心して働いてもらいたいのですが、男性スタッフの負担がかなり重くなり、業務に支障をきたす恐れもあるため、ベビーシッターさんを派遣する案はなくなりました。

自社でベビーシッターさんを雇う!

派遣が難しいのならば、自社でベビーシッターさんを雇おうということになりました。

派遣に比べて利点としては、

  • 責任問題は自社内だけ
  • 料金も安くすむ
  • 事務手続きの簡素化

タレントさん側の立場で考えても顔なじみのベビーシッターさんがそばにいると、安心してお仕事ができます。結果、心配事がなくなりサービスに集中できて業績アップにも繋がります。

初めての試みなので手探り状態で、実際に運用してみたら想像もしなかった新たな問題にぶつかるかもしれません。でも今回やろうとしてることは、会社にとって有用であり、何よりも困っている人の助けになる試みなので、結果はどうあれチャレンジすべきと考えます。

そこで、「困っている人を助けるのが好き!」そんなホスピタリティ溢れる方を対象にベビーシッター募集いたします。

前職や経歴は問いません。必要な条件は「子供が好きであること」です。興味をお持ちの方は是非弊社のエントリーページよりご応募ください。

社内託児所のベビーシッター募集中!

雇用形態
アルバイト
勤務地
本社(品川区五反田)、その他クライアント先(東京、神奈川、埼玉、千葉)

※勤務地応相談

報酬
時給1000円~1500円(資格、経験により優遇)
昇格、昇給
実績により応相談
休日
完全自由出勤
勤務時間
10:00-翌6:00
上記時間帯でお好きな時間を選べます。
応募資格
学歴、職歴不問
保育経験不問(保育士、幼稚園免許 など有資格者は優遇いたします。)
ブランクのある方 子育てが一段落した40代・50代の方も歓迎です。
ナイトワークで働く女性達に偏見のない方で子供好きの方
ご応募お待ちしております
応募方法
【電話受付】
電話番号:03-6420-3901
受付時間:月曜日~金曜日 11:00-20:00
【メール受付】
問い合わせフォームより
受付時間:24時間
対応時間:月曜日~金曜日 11:00-20:00

ご応募はこちら
 

女性キャスト 求人・採用情報

我々と一緒に働きませんか?

共に業界を盛り上げ、リードしていくメンバーを募集しています。
採用に関するお問い合わせは以下のページからお気軽にご連絡ください。

求人の応募はこちら